ヘッドスパ専門店ライルとの解散のご報告

プロデュースサロン1号店、浦和店のライルと協議の上、2020年5月末で解散する運びとなりました。

この解散は、2019年12月に決まっており、双方の準備期間として6ヶ月を設けておりました。

ご愛顧いただきました、皆様へ心より感謝申し上げます。

解散理由は、常識やビジョンの違いです。

私がきちんと確認しておくべきでした。

 

ライル produced by PULAをご愛顧いただいたお客様には、ご不便やご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。

私はこの解散を学びとし、『PULA TEAM』のミッション、ビジョン、バリューを明確にし同志を集めてまいります。

連日、電話の留守電やSNSなどを通じ、再開についてのご質問や、

「辻さんはヘッドスパをしてくれないの?」といった内容など、多くのお問い合わせをいただいております。

無事、宇都宮ハイズと神戸ムーラ・アダーラのオープンを終えた今、浦和の店がありながらも、

埼玉に住んでいる私がヘッドスパを提供できない事情についてお伝えしない事は、お客さまに対して、

あまりにも不誠実だと思いましたので、お話させてください。

5年以上、お客様へのご説明から逃げてしまいました。申し訳ございませんでした。

実は、私の娘は医療的ケアを必要とする難病を抱えています。

それが私自身、ヘッドスパプレイヤーを引退した理由でもあります。

これからご説明する事は、光と影で言えば「影」のお話になりますが、私の中では決して暗いだけの話ではありませんので、

心を沈ませることなく、お読みいただければ幸いです。

結婚して10年目、2015年に長女が誕生して間もなく、医師により『滑脳症(カツノウショウ)』という難病であるとの宣告を受け、

退院できたとしても24時間看護が必要で、平均寿命が2歳半の病である事を知らされ、絶望に直面しました。

実際に、NICU(新生児集中治療室)で10ヶ月程お世話になり、娘が1歳を迎えるまでに退院できたのは僅か5日間でした。

娘の病が判明した2015年以降も、月間120名程のお客様へ、ヘッドスパをご提供できていたのは、

当時住んでいた朝霞のマンションから、浦和のヘッドスパ専門店と同じマンションに引っ越し、

自宅と職場との移動時間をゼロにする事で、なんとか対応していました。

しかし当時は、睡眠時間以外のほぼ全てを、ヘッドスパの施術、ビジネスモデルを転換する為の土台構築と、

娘の見舞いや看護に充てていた為、今振り返れば、明らかなオーバーワークであったと思います。

本の出版は元々予定していた事でしたが、プーラ式ヘッドスパを誰かに託して全国展開するビジネスモデルは、

こういった背景から考えだした案でした。

(https://www.datsumou-sho.com/

のプロフィールページで、少し違う角度でご説明しております。

2018年にプーラを、プロデュースサロンとしてライルfromプーラにバトンを繋ぐことで、

ヘッドスパのお客様をライルに託し、私自身は研究や商品開発、

プロデュースサロンへの経営サポートといった在宅でも可能な仕事を増やし、限られた時間ではありますが、

脱毛症の方への施術や、ヘッドスパセミナーなど、私が直接関わる事でしかできない仕事も続ける事ができました。

 

著名人へのヘッドスパ提供に関しましても、決して特別扱いということではなく、プロデューサーとしての役割の一環として、

プーラ式ヘッドスパの露出を高める目的で行っておりました。

話を戻しますが、お陰様で、今年の5月で娘は5歳になりました。

入退院を繰り返しながらも、現在、娘の体調は落ち着き、自宅で過ごすことができています。

2歳半までは何度も危険な状態を乗り越え、その後も、3歳で糖尿病を発症し危篤。

4歳でも重い感染症を経験し、手術も3回行いました。

この度のライルとの解散報告の際、私がプレイヤーとして一時的に復帰する可能性についてお伝えしていましたが、

新型コロナウイルスの終息は遠のいた今、抵抗力の弱い娘を守りたいという事や、

2018年に授かった息子の保育園を休ませている事もあり、今現在、実現は難しい状況となってしまいました。

 

私の施術を楽しみにしてくださっていたお客様には大変申し訳なく、

この度の説明で全ての方にご納得いただけるとも思っておりませんが、数名のお客様に上記の事情を説明させていただいたところ、

有難いことにご理解くださった方が多く、改めてこのような形で皆様にお伝えすることに決めました。

浦和のプーラ、そして私がプロデュースしたライルfromプーラのお客様には、

間接的であっても、今の私にできる範囲の中で、できることはないかと模索していきますので、

また、なにか進展があった際にはご報告させてください。

(新しい浦和店の受付の再開は 新浦和店の受付再開フォーム よりお申し込みください)

最後になりますが、私の家庭の事情を含めた内情について、

5年以上もお話できなかった理由のひとつに、私の状況を知ることで、お客様をドヨンとした気持ちにさせたくなかったという事があります。

娘の病を知らされた当時や、娘の体調が悪い時には、私たち家族も落ち込む事はありますが、普段は至って明るい家庭です。

 

Facebookにて、昨年9月、重い感染症を乗り越え、2ヶ月ぶりに娘と息子が再会許可をいただいた時の家庭用保存動画を添付しておりますので

宜しければごらんください。プーラFacebook

 

娘の病をバネに、プーラ式ヘッドスパを全国に広げて行けるのだと思っていますので、今後とも、末永くよろしくお願いいたします。

この度は長文のご案内にも関わらず、最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

プーラプロデュースのヘッドスパ専門店 一覧

プーラの商品はAmazon or 電話注文でご購入いただけます

Amazonでの商品購入は ⇧ をクリックください
Amazonでの商品購入は ⇧ をクリックください

お電話注文のご希望のお客様には、プーラ代理店の出版社『アスコム』様で

承っております。

専門家はおりませんのでお電話での個別相談などはお受けできませんので

ご了承ください。

電話注文の窓口 03-5425-6627

アスコム編集部につながりますので、『プーラ商品の注文』とお伝えください。

第3弾 辻敦哉の著書発売のお知らせ

2020年10月上旬 第3弾の著書がダイヤモンド社より発売!!

累計10万部突破!台湾翻訳版も発売中!
累計10万部突破!台湾翻訳版も発売中!
コンセプト
メニュー
よくあるご質問
お問い合わせ

プーラ式ヘッドスパは開発者 辻 敦哉
辻敦哉の著書・質問
ヘッドスパセミナー
PULAのヘッドスパをご自宅で

辻推奨の他社商品
メールマガジン
育毛実績
ヘッドスパ第一人者が開発した自宅用ヘッドシャンプー