眼精疲労と薄毛の関係

 

眼精疲労と薄毛には密接な関係があります。

現代の生活ではパソコン、スマートフォンなどの使用で目は酷使されがちです。

目の疲れとは眼球の周りの筋肉が疲労し、こっている状態です。
この状態が続くことで血行は悪くなり頭皮へ行き渡る栄養素は少なくなってしまいます。

 

そして目を酷使することにより、網膜には傷がつきます。 
この傷を修復するために必要なのが、
「システイン」

というアミノ酸の一種である成分です。


システインは、髪の毛を形成するタンパク質の成分の一つです。

 

五感の一つである視覚情報を捉える期間の”目”

 

人の体内では生きるためにより重要性が高い”目”に対して優先的に栄養素が使われます。

 

眼精疲労が起きると傷ついた目の修復にシステインが使われてしまいます。
つまり、眼精疲労が続いてしまうと、髪に届くはずだったシステインが
目の疲労回復に優先的に使われ髪の毛に回されるシステインの量が少なくなるため薄毛の原因になってしまいます。